※この業績予想は2018年2月22日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。



淺沼組<1852>



3ヶ月後

予想株価

450円



関西を地盤に全国展開する中堅の建設会社。建築工事を主力とし、土木工事を手掛ける他、不動産事業にも展開。工事が最盛期を迎える年末・年度末の資機材価格の上昇や労働者不足が懸念材料。18.3期3Qも増収増益。



工事進捗と採算改善で18.3期収益計画は増額修正。ただ、3Q累計受注は前年比14%減と低調。設備投資・建設投資の回復で当社受注の復調を見込むが、19.3期業績は上期低調・下期回復を予想。株価は揉み合いか。



会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

18.3期連/F予/141,600/7,560/7,250/4,900/58.49/15.00

19.3期連/F予/143,000/7,700/7,400/5,000/59.68/15.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想



執筆日:2018/02/22

執筆者:HH