任天堂<7974>は続伸。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価は47000円としている。もともとの市場期待は高過ぎたが、その後の大幅な株価調整で現在の株価は割安感が出てきたと評価。利益の根源であるコンテンツIPの価値やNintendo Switchプラットフォームが、将来的に創出しうるデジタル配信や定額制からの利益への見通しには変化はないとしている。