きちり<3082>は25日、ピーシーフェーズ(本社:東京都渋谷区)と資本業務提携契約を締結し、企業での効率的なトレーニングを支援する人材育成サービス「shouin」の共同開発・販売を行うことを発表した。ピーシーフェーズは、動画プラットフォーム事業を手掛けている。



「shouin」は、企業での人材育成・人材管理の支援を目的とし、従業員のトレーニング状況やスキル、組織の状態をリアルタイムに可視化し、テクノロジーにより解析を行い、組織の課題を把握し改善することが可能となるデジタル人材育成サービス。「shouin」を使うことによって、組織全体の生産性向上や離職率の低下が期待でき、企業の長期的な成長への貢献が期待できる。今後は、きちり店舗での実証実験を経て、全店舗において導入することで従業員のトレーニング状況やスキル、組織の状態をリアルタイムに可視化し、テクノロジーにより多角的に解析を行うことで更なる接客レベル向上を目指す。



なお、ピーシーフェーズの第三者割当による新株式を1千万円分、同社が引き受けることとなった。