ナノキャリア<4571>は14日、独自技術である核酸キャリア「NanoFect(R)」が、中国特許商標庁より特許査定を受けたと発表した。「NanoFect(R)」は、体内で壊れやすい核酸を安定に標的細胞に届け確実に効果を発揮することを目的とした核酸デリバリーシステム。これにより、日米欧を含めた世界の主要マーケットにおいて、高次レベルで「NanoFect(R)」の独占権確保が可能となった。



核酸に代表されるバイオ医薬は、次世代型医薬品として世界で注目を集めている。同社は今回の特許査定を励みに、今後も高分子医薬品開発を推進する。また、他社との共同研究にも積極的に取り組んでおり、抗体などのセンサー技術との融合を進め、アクティブターゲティングを実現する次世代型DDS(副作用を軽減するドラッグデリバリーシステム)技術開発を積極的に進めていく意向。