レカム<3323>は17日、産電(本社:大阪市福島区)の全株式を、ACAシナジー3号投資事業有限責任組合より取得し、12月28日付けで完全子会社化することを発表した。



産電が行う太陽光発電システムや蓄電池等の販売事業を、同グループに加えることで、環境関連事業の拡大を目指し、全株式を取得することとなった。



産電は、給与体系や人事制度を刷新することで、営業社員の増員と育成を図り、直販ビジネスに加えて、仲介会社との提携による紹介ビジネスを新たに開始すること等により、業績は向上しており、進行期の売上高は前年度を上回る見込みだ。



同グループは、世界中でソリューション営業力の提供を生かした新たな事業コンセプトである「グローバル専門商社構想」を掲げており、その実現に向けて、ASEAN地域における日系製造業の潜在需要が大きい太陽光発電システム販売を計画し、9月よりベトナムでの販売を開始している。

産電グループの事業ノウハウを同グループに取り込むことで、ASEAN地域等での太陽光発電システムの事業を大きく加速させる狙い。