■要約



オープンドア<3926>は、日本最大級の旅行比較サイト「トラベルコ」の運営を中心にインターネットコンテンツの企画運営、ソフトウェア開発を行うWebサービスプロバイダーである。2019年3月期はテレビCM等を中心に広告投資が奏功したこともあり、当初の目標認知率37%を上回る41%を達成し、大幅な増収増益を達成し、過去最高の売上高、営業利益を達成した。日本のオンライン旅行市場、インバウンド市場の成長の波に乗り、2020年3月期も2ケタの増収増益を狙う。



1. 事業概要

主力サービスの「トラベルコ」は(株)JTB、エイチ・アイ・エス<9603>、じゃらんnet(リクルートホールディングス<6098>)、楽天トラベル(楽天<4755>)、Expedia(エクスペディア)、Booking.com(ブッキング・ホールディングス)など、国内外700以上の予約サイトと連携し、これらの予約サイトの商品を横断的に検索し、比較できる旅行メタサーチサイト※1である。同業他社はホテルだけ、航空券だけ、などジャンルを絞った比較が中心だが、トラベルコはパッケージツアー、ホテル、格安航空券、ダイナミックパッケージツアー※2など、ほぼすべてのジャンルをカバーしており、自分の旅行をワンストップで探すことができる。また、比較できる旅行サイト数が700以上とプランの数も日本最大級であり、必然的に最安値が見つかる確率が高い。旅行サイト側からの提供価格も低くなるため、圧倒的な価格競争力を実現している。なお、2019年 オリコン顧客満足度®調査の旅行比較サイトランキングで、格安ホテル、格安航空券の両方で総合1位に選ばれている。このことからも、「トラベルコ」が高いブランド力が示されている。



※1 メタサーチサイト:複数の検索エンジンに対して一括で検索を行う横断検索システム。

※2 ダイナミックパッケージツアー:ホテルや航空券などをインターネット上で自由に組み合わせることができ、通常のパックツアーにない旅程を組むことができる、インターネット上で予約が完結できるツアー形態のこと。





海外及びインバウンド市場向けには海外版「トラベルコ」として、多言語旅行比較サイト「TRAVELKO」をサービス提供している。その他にも、海外及びインバウンド市場をターゲットとした “伝統工芸作品” を世界へ紹介する、伝統工芸品紹介サイト「GALLERY JAPAN」「KOGEI JAPAN」を運営している。



2. 2019年3月期業績

同社は2019年3月27日に通期業績予想の修正を発表した。期首時点では広告予算枠に幅を持たせていたため、業績予想はレンジ形式での開示としていたが、売上高は予想レンジの上限に近い水準に、各段階利益については予想レンジの上限を上回る水準に修正し、最終的には修正後の業績予想どおりに着地した。2019年3月期の業績は、売上高4,969百万円(前期比23.9%増)、営業利益1,703百万円(前期比47.4%増)と、経常利益1,708百万円(前期比46.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,099百万円(前期比45.3%増)となり、売上高、営業利益ともに過去最高を更新した。



3. 今後の見通し

2020年3月期は、引き続き「認知率」を最重要視し、テレビCM等で認知率47%以上を目標とする。売上高は6,000百万円(前期比20.7%増)、営業利益2,200百万円(前期比29.2%増)、経常利益2,200百万円(前期比28.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益1,320百万円(前期比20.1%増)と、2ケタの増収増益を見込んでいる。日本市場のプロモーションについては前期を基準に約15億円と想定し、加えて期中での追加投資や海外市場におけるプロモーションの可能性を織り込み、広告予算を設定している。



トラベルコの強みは、サービス面ではほぼすべての旅行ジャンルをカバーできていること、プラン・チケットの最安値が見つかることであり、自社体制としてほぼすべてのシステム開発を内製化できており、品質・スピードとも高い水準で開発に臨めることである。この強みを生かし、日本国内では、口コミ情報の拡充、横断比較サービスのメニュー拡大など、既存メニューの強化・拡充に取り組む。海外やインバウンド市場では、各国ローカル旅行会社との連携強化、多言語の口コミ情報強化などに取り組み、中長期的にはグローバル市場でユーザー選択肢のNo.1となるサイトを目指す。



■Key Points

・テレビCMの効果が大きく、旅行比較サイト「トラベルコ」の認知率が上昇し大幅増収増益達成

・2020年3月期も好調持続で2ケタ増収増益を見込む

・旅行市場の成長を背景に認知率の上昇に努め、グローバル市場でのNo.1を目指す



(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山崇行)