<4880> セルソース 10150 +1500

ストップ高。医薬・医療・創薬の支援事業を手掛ける住商ファーマインターナショナルとヒト脂肪組織由来間葉系幹細胞の分譲に関する契約を締結したと発表している。住商ファーマインターナショナルは生物資源流通に強みを持っており、セルソースが分譲した脂肪由来幹細胞を研究用途として国内外の大学など研究機関や企業に順次提供する。




<4583> カイオム 215 +16

急伸。スイスのADC Therapeuticsにライセンスアウトしたがん治療用抗体ADCT-701について、研究開発進捗に伴うマイルストーンが達成されたと発表。受領する25万ドル(約0.27億円)は19年12月期第4四半期に事業収益計上する。TROP-2を標的とした光免疫療法が、治療法の選択枝が少ない膵臓がんや胆道がんの新たな治療方法となり得る可能性を示唆する論文が米論文誌に掲載されている。




<7060> ギークス 1524 +11

大幅に3日ぶり反落後プラス転換。25万株の立会外分売を実施すると発表し、分売値段の1475円にサヤ寄せする動きになた。東証1部への市場変更申請を行う準備を進めており、分売で形式基準の充足とともに株式の分布状況の改善や流動性の向上を図る。ギークスは18日に27日から12月3日までに立会外分売を行うと公表していた。株価は朝下落後、引け間際に急伸し、プラスに転換。




<2321> ソフトフロン 129 +1

大幅に続伸。子会社であるソフトフロントジャパンの自然会話AIプラットフォーム「commubo」が警備会社テイケイのデジタル警備員システムに採用されたと発表している。東京都の「Tokyo Robot Collection」事業での実証実験に参加する。25日に公表したジェクシード<3719>と資本業務提携も引き続き買い材料視されたようだ。




<4579> ラクオリア創薬 1452 -19

朝高後マイナス転換。韓国CJヘルスケアとのグローバルパートナーシップを拡大すると発表。ラクオリア創薬が創製した胃酸分泌抑制剤のtegoprazanに関する北米・欧州を対象としたライセンスをCJ社に供与する契約を締結する。ラクオリア創薬は契約一時金のほか、進捗に応じたマイルストン、販売後は販売額に応じたロイヤルティを受け取る権利を得る。CJ社は20年12月期中に米国での開発を再開する予定。