大幸薬品<4574>は16日、決算期(事業年度の末日)を現在の3月31日から12月31日に変更することを発表。決算期変更の経過期間となる第75期は、2020年4月から12月までの9ヵ月決算となる。



海外連結子会社と決算期を統一することで、同社グループの予算編成や業績管理等、事業運営の効率化を図るとともに、経営情報の適時・適切な開示により、経営の透明性及び質の向上を図ることが目的としている。現在の決算期が12月31日以外の連結子会社についても同様の変更を行う。



決算期変更の経過期間となる第75期(2020年12月期)の業績見通しについては、2020年5月に開示予定の2020年3月期決算短信において公表する予定としている。