東エレク<8035>は続伸。前日に台湾TSMCが10-12月期の決算を発表、純利益はもっとも強気のアナリスト予想を上回ったほか、1-3月期の売上高見通しもレンジ下限水準が市場予想を上回るものとなっている。また、20年通年の設備投資計画も強気なものとなっており、前日の米国市場では半導体関連株が堅調な動き。東京市場でも同社やSCREEN<7735>、SUMCO<3436>など半導体関連が買い先行の展開になっている。