インテリックス<8940>は7日、2020年5月期第3四半期(19年6月-20年2月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比12.8%増の275.39億円、営業利益が同69.1%増の8.51億円、経常利益が同109.5%増の5.89億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同121.6%増の4.34億円となった。



主たる事業である中古マンション再生流通事業(リノヴェックスマンション事業)の売上高は前年同期比8.2%増の215.83億円、営業利益は同37.0%増の6.03億円となった。リノヴェックスマンションの販売件数が926件(前年同期比90件増)、平均販売価格が2,315万円(同2.2%減)となり、物件販売の売上高は214.37億円(同8.3%増)となった。地方主要都市での販売が前年同期を上回った(490件、前年同期比16.7%増)ことに加え、これまで前年同期を下回っていた首都圏においてもプラス(436件、同4.8%増)に転じ寄与した。また、マンションによる賃貸収入売上は1.33億円(同2.3%減)、その他収入売上が0.12億円(同4.0%減)となった。



その他不動産事業の売上高は前年同期比33.3%増の59.55億円、営業利益は同48.5%増の7.19億円となった。物件販売の売上高は、不動産小口化商品「アセットシェアリング博多」の販売や一棟もの商業ビルや新築マンション等の売却により、前年同期比44.4%増の37.26億円となった。また、その他不動産による賃貸収入売上は、取得したリースバック物件の増加等により7.16億円(同14.6%増)、その他収入売上は、同業他社や個人向けのリノベーション内装事業の拡充等により15.12億円(同19.9%増)となった。



2020年5月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比14.1%増の421.82億円、営業利益が同30.4%減の11.64億円、経常利益が同45.6%減の7.41億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同39.8%減の5.00億円とする期初予想を据え置いている。