エスプール<2471>は8日、ZENKIGEN、ワークスタイルテック、イレブンと合同で、企業間が2020年6月30日(火)までの期間限定で従業員をシェアし合う為の「“超企業”従業員シェアプラットフォーム」の開設を発表。

新型コロナウイルスの感染やその対策の長期化に伴い、外食業やホテル業などは従業員を勤務させられない状況が増加。一方で、宅配業や物流業、一部のコールセンターなどは、急な需要拡大により人員が不足している。

現在は企業間を繋ぐ仕組みが無く、各社に多くの取引先から相談が寄せられたことから、本プラットフォームを開設し、各企業の従業員シェアをサポート。

採用領域においてサービスを展開する4社のリソースを無償で提供し、そのリソースを活用することで、人材余剰企業と人材不足企業がスムースに繋がれるプラットフォームを作り、企業間の人員調整を円滑に支援。なお、同プラットフォームは、顧客企業以外の利用も可能としている。