イーレックス<9517>は急落。前日に20年3月期決算を発表、営業利益は92.5億円で前期比96.7%増益、従来予想の77.2億円を上振れ着地へ。年間配当金も従来の12円から18円に引き上げている。一方、21年3月期は83.1億円で同10.1%減益の見通し。新型コロナウイルスの影響による販売電力量の減少や販売単価の低下も見込んでいるようだ。前日にかけて順調なリバウンドが続いていたが、減益見通しを受けて利食い売り・戻り売りが優勢に。