太平洋セメ<5233>は急騰。前日に20年3月期の決算を発表、営業利益は610億円で前期比7.6%減益、従来計画の600億円はやや上回り、1-3月期では前年同期比15.7%増と増益に転じている。輸出拡大や固定費削減が背景。また、発行済み株式数の2.44%に当たる300万株、50億円を上限とする自社株買いの実施も発表している。なお、21年3月期営業利益は国内外セメントの落ち込みを主因に、550億円、前期比9.8%減益を予想。