神戸物産<3038>は続伸。前日に上半期業績予想の上方修正を発表、営業利益は従来の99億円から120億円、前年同期比29%増に引き上げ。3月以降は内食需要の増加で月次売上が拡大しており、サプライズは限定的なものの、4月高値からは幾分調整していたこともあって、押し目買いの動きにつながっている。なお、通期計画は据え置いているが、足元の順調な販売動向からも、保守的と捉える向きが多いようだ。