神戸物産<3038>は22日、2020年4月度の個別業績について発表。月次個別業績は売上高331.59億円(前年同期比34.8%増)、売上総利益は29.76億円(同32.3%増)、営業利益は20.92億円(同35.2%増)、経常利益は20.43億円(同19.9%増)となった。

新規出店の業務スーパーは、長らく店舗のなかった長崎県での出店となった琴海店など6店舗(東京都東村山市、長崎県長崎市、熊本市中央区、新潟県柏崎市、高知県幡多郡黒潮町、名古屋市守山区)となり、全国の店舗数は862店舗となった。

また、全国全店への商品出荷実績が前年同月比36.6%増となるなど、在宅勤務や外出自粛などによる内食需要の高まりによって前年実績を大きく上回る結果となった。