■業績動向



● 2020年12月期第1四半期の単体業績概要

MonotaRO<3064>の2020年12月期第1四半期単体業績は、売上高で前年同期比19.1%増の35,585百万円、営業利益で同23.9%増の4,640百万円、経常利益で同23.5%増の4,633百万円、四半期純利益で同24.0%増の3,231百万円と売上高・各利益ともに20%前後の成長を達成した。



売上高に関しては、各種マーケティング施策が奏功したことや、新型コロナウイルス関連商品の売上増などにより、年初計画を超えて進捗した。新規顧客獲得では、検索エンジンへのインターネット広告の出稿(リスティング広告)と自社サイトを検索エンジンにおいて上位に表すための検索エンジン最適化(SEO)が奏功したことや、新型コロナウイルス関連商品を求める個人顧客が増えたことなどにより獲得口座数が拡大。第1四半期の新規獲得口座は274千口座、累積で4,384千口座となった。通販事業(大企業連携は除く)は新規顧客増と新型コロナウイルス関連商品への需要増等により、対前年同期・対計画ともに上回った。購買管理システム事業(大企業連携)では、大企業連携社数が875社(前年同期比236社増)、売上高で64億円(同40%増)と期初計画どおりの進捗である。



売上総利益率は、前年同期比0.2ポイント低下した。商品ミックスの変動や円高などによる粗利率増(0.3ポイント増)があったものの、配送料率の増加(0.4ポイント減)、海外ロイヤリティの減少が押し下げた。販管費率に関しては、前年同期比0.7ポイント低下。広告宣伝費率の減少(TVCM減等、0.8ポイント減)と売上増によるスケール効果が主要因である。



上記の結果として、営業利益は前年同期比23.9%増、営業利益率は同0.5ポイント上昇となった。同社計画比でも営業利益で3.5%のプラスであり、第1四半期として順調な滑り出しをしたと言えるだろう。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)