神戸物産<3038>は一時急伸。前日に上半期決算を発表、営業利益は124億円で前年同期比32.9%増益となった。会社側では5月20日に120億円水準まで上方修正していた。内食需要や節約志向の高まりにより、2月以降増収率が加速したもよう。外食向けのマイナス影響も限定的となっている。通期計画は203億円で前期比5.5%増益予想を据え置いているが、下半期の収益悪化要因は乏しく、上振れ期待の一段の高まりにもつながっている。なお、株価は後場に入り上げ幅を縮め、マイナスに転じる場面も。