クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387>は14日、2021年2月期第1四半期(20年3月-5月)連結決算(IFRS)を発表した。売上収益が前年同期比63.0%減の118.12億円、営業損失が77.28億円(前年同期は28.24億円の利益)、税引前損失が79.49億円(同27.98億円の利益)、親会社の所有者に帰属する四半期損失が73.04億円(同15.39億円の利益)となった。



政府の緊急事態宣言を受け、一時休業となる商業施設内にある店舗や繁華街の居酒屋業態等において、多くの店舗が一時休業を余儀なくされた。緊急事態宣言解除後は徐々に営業が再開し始めたものの、営業時間の短縮や、感染拡大防止の観点から座席の間隔を空ける等の社会的距離(ソーシャルディスタンス)の確保に対応した店舗運営が必要となっている。



こうした環境の中、同社グループは、足元の状況が非常に厳しいことから、コストを極力圧縮することを通じて、損失を最小限に留められるよう、休業店舗の従業員の一時帰休等による人件費削減、家賃の減免交渉、新規投資の抑制等、あらゆる手段を通じて、支出を削減している。また、本社も、緊急体制に移行し、従業員の一時帰休及びテレワークを実施している。一方で、資金面は、店舗の休業や業績低迷が長期化するリスクに備え、安定的なグループ経営に資するよう、充分な手元流動性を確保すべく銀行からの借入等を実行している。



2021年2月期については、同日、連結業績予想を発表した。売上収益が前期比23.9%減の1,060.00億円、営業損失が62.00億円、税引前損失が70.00億円、親会社の所有者に帰属する当期損失が69.00億円としている。