テリロジー<3356>は30日、連結子会社のテリロジーサービスウェアが開発及び販売を手掛ける多言語映像通訳サービス「みえる通訳」が滋賀県東近江市に導入されたことを発表。



「みえる通訳」は、タブレットやスマートフォンを使い、通訳オペレーターにつながり接客をサポートする映像通訳サービス。13ヶ国語に対応している。



全国における新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、東近江市でも感染症関連の相談件数が増加した。東近江市は滋賀県で2番目に外国人居住者が多く、感染症などの相談にスムーズに対応するため導入を決定した。