■今後の見通し



ブリッジインターナショナル<7039>の2020年12月期の業績予想については、売上高3,696百万円(前期比13.3%増)、営業利益424百万円(同10.0%増)、経常利益424百万円(同10.0%増)、親会社株主に帰属する当期純利益280百万円(同8.3%増)を見込んでいる※。四半期見通しでは、ストックビジネスの拡大の影響により、売上高・利益ともに下期偏重の見通し。特に利益については下期受注高に対応するため上期は人材採用を強化することに伴いコスト増となるが、下期に向けて増益率が大幅に加速する計画となる。



※前期比については、2020年12月期第2四半期から連結決算になっているため、単純比較はできないものの、参考までに前期単体連結との比較をした。





売上面では、アウトソーシングサービスにおいて、既存顧客を中心とした安定拡大を計画。また、コンサルティングサービスでは、内製支援パッケージ「ANSWERS」の提供拡大を見込んでおり、約1.5倍の増収を計画。大型AIサービス「SAIN」の本格販売開始により、システムソリューションサービスでのストックビジネスを拡大させる計画である。利益面では、アウトソーシングサービスの受注キャパシティ拡大に向けた拠点の移転を予定しているほか、コンサルティングサービス強化と人員の増強、社員満足度向上を目的とした給与改定、大型AIサービス「SAIN」の継続した開発費の発生を見込んでおり、各段階利益にて若干の利益率低下を見込む。



(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)