マクセルホールディングス株式会社<6810>の連結子会社であるマクセル株式会社(京都府乙訓郡)が営む事業のうち、積層ラミネート型リチウムイオン電池事業を、古河電池株式会社<6937>に会社分割(簡易吸収分割)の方式により承継させることを決定し、マクセル株式会社と古河電池の間で基本契約書を締結した。

マクセルを吸収分割会社、古河電池を吸収分割承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)となる。



マクセルグループは、エネルギーセグメント事業、産業用部材料セグメント事業および電気・コンシューマーセグメント事業などを展開している。



マクセルは、エネルギー、産業用部材料および電器・コンシューマ製品の製造・販売を展開している。



古河電池は、蓄電池、電源装置等の製造・販売を行っている。



本件により、マクセルHDは、将来の事業拡大を図る。



・今後のスケジュール

吸収分割に関する契約締結日 2020年11月末

効力発生日 2021年4月1日