銘柄名<コード>30日終値⇒前日比

アンリツ<6754> 2281 -169

計測事業の受注鈍化などをマイナス視。



ベルーナ<9997> 849 -140

業績上方修正も出尽くし感が優勢。



タケエイ<2151> 1021 -67

鎌倉市がリサイクル業者を契約解除との報道を思惑視か。



アイシン精機<7259> 3145 -255

29日は決算受けて買い先行もその後は伸び悩み。



小野薬品工業<4528> 2972 -228

29日場中に決算発表だが30日寄り付きから売り優勢に。



アシックス<7936> 1300 -115

欧米でのコロナ感染再拡大などを警戒視か。



武田薬<4502> 3239 -202

上半期コア営業利益の減益をネガティブ視。



東エレク<8035> 27900 -1095

決算内容ポジティブだが米株時間外下落などで出尽くし感優勢。



OLC<4661> 14585 -645

今期は想定以上の赤字見通しに。



ルネサス<6723> 861 -11

7-9月期上振れ決算も半導体株安の流れで。



ZOZO<3092> 2651 -115

決算サプライズ限定的だが出尽くし感優勢に。



NEC<6701> 5250 -250

上半期決算は下振れ着地に。



スガイ化<4120> 1435 +160

上半期業績予想を上方修正。



ピーエイ<4766> 257 -80

「Craft Village NISHIKOYAMA」開業発表で急伸の反動。



セキド<9878> 679 -36

直近まで急伸の反動が続く形に。



エヌ・シー・エヌ<7057> 1096 +150

21年3月期予想を上方修正、営業利益は1.80億円から2.42億円に引き上げ。



パピレス<3641> 2656 -111

21年3月期予想の上方修正で買い先行も、全体地合いの影響もありやや利食い優勢。



イメージワン<2667> 440 -4

富山大学及びRMDCと再生医療関連事業で共同研究契約を締結と発表し一時急伸。



セプテーニ・ホールディングス<4293> 384 +80

前期着地も好調、21年9月期予想も評価で買いが向かう。



Jストリーム<4308> 4440+700

21年3月期予想を上方修正、営業利益は9億円から18億円に引き上げ。



JMDC<4483> 5490 +180

21年3月期予想を上方修正、営業利益は26.00億円から31.50億円に引き上げ。



エフアンドエム<4771> 1493 -217

21年3月期の営業利益を従来予想の9.11億円から11.40億円に上方修正。



ドリコム<3793> 872 +36

第3四半期の営業利益予想を前年同期比163.8%増の14.00億円と発表。



大塚家具<8186> 184 -30

足下急騰していた反動。



Retty<7356> 1735 -

30日マザーズ市場へ新規上場、初値は公開価格(1180円)を36.5%上回る1611円。