アイ・エス・ビー<9702>は20日、同日開催の取締役会で株式分割ならびに株式分割に伴う定款の一部変更について決議したと発表した。株式分割により投資単位あたりの金額引き下げと投資家層の拡大、市場流動性の向上を目的としている。



株式分割は、12月31日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載、または記録された株主の所有する普通株式を、1株につき2株の割合をもって行う。今回の分割により発行済株式総数はこれまでの倍の11,339,904株となり、発行可能株式総数は25,000,000株となる。基準日の公告は来月14日、効力は来年1月1日から発生する。今回の株式分割に伴い、同社定款の一部、発行可能株式総数を変更する。



今回の株式分割による資本金額の増加はない。なお、今年12月期の期末配当金は、株式分割前の株式が対象。