■今後の見通し



1. 2021年3月期の業績見通し

コニシ<4956>の2021年3月期の業績は、売上高128,000百万円(前期比5.3%減)、営業利益5,900百万円(同17.1%減)、経常利益5,950百万円(同17.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益3,700百万円(同19.3%減)が予想されている。



セグメント別では、ボンド事業は売上高44,755百万円(同10.5%減)、営業利益3,356百万円(同22.5%減)、土木建設事業は売上高32,310百万円(同4.7%増)、営業利益1,843百万円(同9.8%減)、化成品事業は売上高50,685百万円(同6.3%減)、営業利益499百万円(同9.9%減)と予想されている。土木建設事業は増収ながら下半期はコニシの接着剤が下がると予想されること、2020年3月期第4四半期がボンドエンジニアリングなどの子会社が特に好調だったことなどから減益予想となっているが、控え目な予想と言えそうだ。



2. 設備投資額と減価償却費

2021年3月期の設備投資額は7,120百万円、減価償却費は1,907百万円が見込まれている。主な内容は、工場排水処理施設更新(滋賀工場)、サンライズ小山工場新設(栃木県)、コニシ大阪本社フリーアドレス制導入、コニシ新基幹システム導入、ボンドエンジニアリング名古屋支店建設、水性製造所新設(コニシ栃木工場)、トラック車両購入(自社配送化の推進)などとなっている。ただし、コニシ栃木工場の水性製造所新設については2022年3月期に延期される可能性もある。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)