銘柄名<コード>4日終値⇒前日比

オーケーエム<6229> 1699 +188

昨年末IPO銘柄の中では調整色が強かったことから買い戻しの動き強まる。



メルカリ<4385> 4895 +320

緊急事態宣言の再発令の兆しを受けて巣ごもり関連が改めて注目される。



マネジメントソリューションズ<7033> 2090 +141

好決算発表後の上値追いは新年に入ってからも継続。



物語コーポレーション<3097> 11910 -650

郊外型店舗立地でコロナに相対的な強みを持つも

営業時間短縮要請を嫌気する流れは避けられず。



ピーバンドットコム<3559> 1080+150

特に材料ないが一部のメディアで取り上げられたもようで。



神栄<3004> 961 +150

コロナワクチン関連として思惑物色向かう。



ブイキューブ<3681> 3420 +395

緊急事態宣言発令検討報道でテレワーク関連として関心。



日本金属<5491> 1581 +117

ワクチン関連の一角として関心が続く。



レノバ<9519> 4280 +320

再生エネルギー関連のコア銘柄として物色が続く。



マネックスグループ<8698> 419 +33

ビットコイン価格3万ドル突破で。



シンシア<7782> 765 +58

売り方の買い戻しの動きが引き続き優勢に。



ラクーンHD<3031> 1869 +161

EC関連の一角には見直しの動きも強まる。



セレス<3696> 2955 +232

マネックスと同様にビットコイン価格の上昇を材料視。



オイシックス・ラ・大地<3182> 3320 +195

緊急事態宣言発動意識でEC関連の一角に資金向かう。



メドピア<6095> 8810 +650

オンライン診療の拡大期待で上値追い続く。



エムスリー<2413> 10180 +437

1カ月ぶり高値更新で上値妙味も広がる。



メディカル・データ・ビジョン<3902> 3030 +194

オンライン診療関連の一角で強い動き目立つ。



新日本電工<5563> 277 -22

高値圏で個人投資家の利食い売りなどが優勢の展開か。



ペッパーフードサービス<3053> 254 -19

外部環境の再悪化懸念も強まり処分売りの流れが一段と強まる。



ラウンドワン<4680> 873 -54

緊急事態宣言発令による業績への影響懸念強まり。



小田急電鉄<9007> 3045 -195

緊急事態宣言検討報道で電鉄株には売り。



コロワイド<7616> 1520 -113

東京都による外食業界への時短要請を警戒視。



アウトソーシング<2427> 1334 -47

自動車減産報道などをマイナス視も。