銘柄名<コード>14日終値⇒前日比

ディップ<2379> 2314 -309

通期業績予想レンジを下方修正へ。



レオパレス21<8848> 148 -15

13日までの上昇でショートカバーにも一巡感か。



パソナグループ<2168> 2029 -201

業績上方修正も修正幅は期待値下回る。



日本エンタープライズ<4829> 205 -13

上半期の大幅減益決算をネガティブ視。



新日本理化<4406> 281 -11

13日に急伸の反動で短期資金の利食い売りが優勢に。



ジンズホールディングス<3046> 6690 -120

第1四半期大幅減益決算を嫌気。



共立メンテナンス<9616> 3560 -210

CB発行による潜在的な希薄化を嫌気。



PR TIMES<3922> 4455 -35

13日は決算を受けて大幅高となったが。



明電舎<6508> 2702 -145

EV関連の一角には利食い売りが優勢に。



ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674> 3120 -165

高値圏で利食い売りが優勢の展開にも。



エフオン<9514> 1160 -69

再生エネ関連は伸び悩みの動きにも。



三櫻工業<6584> 864 -48

25日線割り込んで見切り売り優勢も。



三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 501.1 +5.4

ジェフリーズ証券では投資判断格上げ観測。



ソフトバンクグループ<9984> 8569 +244

米国ではアリババ株を投資禁止対象とせずと伝わる。



リミックスポイント<3825> 100 +23

ビットコイン価格の手掛かり視か。



アウンコンサルティング<2459> 211 -28

上半期決算をネガティブ視へ。



アドテックプラズマテクノロジー<6668> 1353 -117

連日の株価急伸の反動で利食い売り優勢。



加地テック<6391> 6530 -580

13日は大陰線で短期資金の処分売りが優勢。



MTG<7806> 1233 +53

国内証券で強気格付け観測。



MacbeeP<7095> 5000 +355

国内証券で強気格付け観測。



Shinwa Wise Holdings<2437> 465 +26

上期営業損益は0.25億円(前年同期は1.30億円の赤字)の黒字で着地。



山陽百貨店<8257> 2061+400

山陽電気鉄道がTOBで完全子会社化を目指す。TOB価格(2630円)にサヤ寄せの動き。



コックス<9876> 177 -1

第3四半期の営業損益は0.24億円の黒字(前年同期は3.18億円の赤字)に転換。



MITホールディングス<4016> 1835 -143

21年11月期見通しは堅調ながら市場期待に届かず売りが先行。



インターライフホールディングス<1418> 246 -60

21年2月期予想を下方修正、営業利益は4億円から1億円に引き下げ。



アララ<4015> 2264-500

第1四半期決算を受けて失望売りの流れに。



スタジオアタオ<3550> 470 +29

第3四半期の営業利益を前年同期比62.9%減の2.58億円と発表。



助川電気工業<7711> 900 +150

連日個人投資家の関心向かう展開。