タメニー<6181>は8日、茨城県へ地方自治体向け結婚支援システム「parms」を提供することを発表。AIを活用したマッチングシステムで少子化対策を支援する。本システムは、いばらき出会いサポートセンターにおいて、2021年3月より事前登録が開始される予定。



「parms」は、同社が地方自治体向けに開発・提供している結婚支援システム。結婚支援事業に必要な、会員登録、会員管理、マッチングなどの基本機能だけでなく、利用者の活動をサポートする機能や、事業運営側のスタッフの業務を効率化する機能等を網羅的に備えているとしている。