ディア・ライフ<3245>は16日、東京都大田区にマンション開発用地を取得したことを発表。



物件は、京浜急行電鉄空港線「大鳥居」駅至近に位置し、品川・川崎・横浜他のビジネス・商業エリアへのアクセスが良好。また、「大鳥居」駅から約7分の羽田空港エリアは、宿泊施設や複合商業施設の建設・整備が進み、国内外へのアクセス環境の良さから、今後もグローバル企業のオフィス等が増えることも予想され、中長期的な発展が期待されている。物件周辺には、スーパーマーケット、ドラックストア、コンビニエンスストア等の生活利便施設や、広大な総合公園である「萩中公園」を備えた住宅地域が形成されており、生活環境も良好。



同社は、同物件に鉄筋コンクリート造地上8階建の交通利便性・生活利便性を志向する単身者・DINKS層向けマンション(44戸)を開発し、国内外の投資家・マンション販売会社や一般事業法人等に供給する。収益見通しについては、2022年9月期の売上の一部を想定している。