レノバ<9519>は続落。岡三証券では投資判断を「強気」から「中立」に格下げ、目標株価を3200円としている。22年3月期EBITDAは増益を予想するものの、事業開発報酬の減少や人員補強など先行投資による固定費増加があるとみているようだ。なお、同社は再生可能エネルギー銘柄のフロントランナーであり、2050年までに温暖化ガス実質ゼロとする動きなどは今後も追い風になっていくと評価している。