芙蓉総合リース<8424>は、1日、タイにおいて「エネルギー・環境」や「モビリティ関連ビジネス」を軸とした新たな事業を展開することとし、それに伴い、同社の連結子会社であるアクリーティブよりAccretive (Thailand) Co., Ltd.の株式を取得し、社名を「Fuyo General Lease (Thailand) Co., Ltd.」に変更したことを発表。



タイは、自動車産業、電機産業、食品産業等の企業が集積し、製造・物流面でのアジアのハブとなっている。また、脱炭素・環境対応等の流れがより一層加速していく中で、今後のビジネス機会が拡大するマーケットであるとしている。同社が強みを有する「エネルギー・環境」「モビリティ関連ビジネス」を軸にリースの枠組みを超えた新たな事業展開を進め、再生可能エネルギーの普及に向けた取り組みや物流・車両・倉庫などの物流モビリティ分野に関する様々なビジネスの拡大を目指すとしている。