■会社概要



1. 会社概要

ヨシコン<5280>はグループビジョンに「総合街づくり企業 ヨシコン」を掲げ、本社(静岡県静岡市)のある静岡県を中心に、マンション分譲や商業・工業・物流施設誘致などの不動産関連事業、及びコンクリート製品製造・販売のマテリアル事業を展開している。グループは同社及び連結子会社5社で構成されている。連結子会社は(株)ワイシーシー、(株)YCF、東海道リート・マネジメント、(株)YCL、(株)YCAである。2021年3月期第3四半期末時点の資本金は100百万円、自己資本比率は50.1%、発行済株式総数(自己株式532,407株含む)は8,030,248株である。



2. 沿革

1949年3月、創業者である吉田茂が鉄筋コンクリート管製造販売を目的として個人経営の吉田コンクリート工業所を創業。1969年1月、静岡県志太郡大井川町(現 焼津市)に吉田コンクリート工業(株)を設立。1986年6月、遠州レミコン工業(株)(現 遠州工場)と合併して商号を「ヨシコン(株)」に変更。1993年11月、日本証券業協会(現 東京証券取引所JASDAQ)に株式を店頭登録。1996年3月、分譲マンション「エンブル・シティ焼津」を竣工して不動産関連事業に本格参入。2006年6月、静岡県静岡市葵区に本社所在地を変更。2013年7月、市場統合に伴って東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場。2014年7月、本社を静岡県静岡市葵区(第一ヨシコン常磐町ビル)に移転。2018年4月、REIT(不動産投資法人)に参入するため100%子会社の東海道リート・マネジメントを設立。2019年3月期に創業70周年・設立50周年を迎えている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)