■株主還元策



クロス・マーケティンググループ<3675>は、株主に対する利益還元を経営上の重要な課題のひとつとして認識している。事業投資やキャッシュ・フローの状況等を総合的に勘案しながら、配当による株主への利益還元に努めることを基本方針としており、配当方針としては、配当による株主への利益還元を安定的に継続しながら、現在の旺盛な資金需要、今後の事業投資計画等に鑑み、「連結配当性向15%前後を目安に配当金額を決定する」こととしている。同社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本的な方針としており、配当の決定機関は、中間配当・期末配当ともに取締役会での決定も可能であるが、例年、期末配当は株主総会で決議している。なお、同社は、「当会社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項については、法令に別段の定めのある場合を除き、取締役会決議によって定めることができる」と定款に定めている。以上により、同社は2021年12月期(2021年1月〜12月)の実質年間配当金6.4円を予定している。2021年6月期の1株当たり配当金は、2021年12月期予想で設定された中間配当金3.2円が適用される見込みである。





■情報セキュリティ



同社は、リサーチ事業においてアンケート回答者の個人情報を取得することがある。個人情報を取得する可能性のある同社、(株)ディーアンドエム、(株)リサーチパネル及び(株)メディリードは、(一財)日本情報経済社会推進協会が運営するプライバシーマーク制度の認定事業者となり、個人情報の適切な取得・管理・運用を行っている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)