価値開発<3010>は31日、子会社となる予定の特別目的会社の合同会社天神ホテル管理が現所有者との間で、既に長期固定賃料型の賃貸借契約にて価値開発の子会社であるフィーノホテルズが運営するベストウェスタンプラス福岡天神南の購入に合意したと発表した。



同ホテルは236室を有する2020年10月開業の新築ホテルで、博多中洲エリアやキャナルシティへも徒歩圏内、福岡空港や福岡港へのアクセス利便性が高く、観光客のみならずビジネス客に対しても高い訴求力のあるホテル物件となっている。

また、価値開発は競争力及び利益率の高いホテル運営プラットフォームを構築し、ホテル運営者として安定的かつ継続的な収益確保を目指している。コロナ禍において、一時的にホテル物件の取引市場では買手がほぼ不在で、投資収益率及び競争力の高いホテル物件を割安に購入できる機会が増えていることから、ホテル所有者兼運営者として、ホテル物件を割安に購入することで、損益分岐点比率をより一層引き下げ、高い株主資本利益率(ROE)の達成を目指す。

ホテル物件の取引市場に流動性が戻った際には、物件売却による利益計上も視野に入れるとしている。