ベルシステム24ホールディングス<6183>の子会社ベルシステム24は5日、日本生命の子会社である、はなさく生命保険のコンタクトセンターに「BellCloud+(ベルクラウドプラス)」を提供開始すると発表した。「BellCloud+」は、ベルシステム24が開発したクラウド型コンタクトセンターシステムである。



同システムは、サーバー構築やデータセンター等を必要とせず、小規模から大規模まで、期間を問わず利用することが可能なクラウド型のコンタクトセンタープラットフォームである。今回の導入により、はなさく生命保険が目指す、複数拠点間や在宅勤務などリモート環境でのスムーズな連携をはじめ、チャットボットなどを活用した自動応答、音声認識を活用した業務効率化やテキストマイニングを活用したVOC分析、コンタクトセンターの次世代化を支援する。



今後は、AIを使った音声認識による応対内容のテキスト分析と自動応答化など、コンタクトセンターの次世代化に向けての実証実験を開始し、2021年7月の本格稼働を目標に進めていく。