ファンケル<4921>は続落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げ、目標株価も4630円から4020円に引き下げている。第3四半期実績や修正計画をふまえて、FANCL化粧品の国内販売、サプリメントの新製品および海外売上の予想を減額しているもよう。21年3月期から23年3月期までの営業利益予想をそれぞれ減額している。22年3月期第1四半期は工場稼働にかかる減価償却費増加などで営業減益に転じるとみている。