■サカタインクス<4633>のSDGsへの取り組み



長期ビジョンでは、環境制約・社会課題への対応(長期的なサステナビリティ配慮、SDGsに向けた取り組みの重要性の高まり、資源制約・原料価格高騰リスクの高まり、ESG投資の影響力増大)の重要性を認識し、ESGやSDGsへの取り組みを強化する方針を掲げた。



強みを持つ環境配慮型製品では、環境に優しい包材として紙器パッケージが見直されるなかで、材料の一部を植物由来成分に置き換えてインキ固形成分中に10%以上の植物由来成分を含有する独自の「ボタニカルインキ」シリーズが、既に様々な紙のパッケージに採用が広がっている。さらにボタニカル度の向上に向けて研究開発を推進する方針だ。食品ロス問題では、酸化を防止するガスバリア剤によって食品の保存期間の長期化に貢献する製品の開発に取り組んでいる。



なお2019年1月には、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が新たに採用したESG投資のための株式指数「S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に選定されている。また経済産業省が2019年1月に設立したクリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンスにも参画している。



2020年11月には、使用済みプラスチック再資源化技術の開発・実用化を推進する共同出資会社(株)アールプラスジャパン(2020年6月事業開始)に資本参加した。プラスチックごみ問題の解決に貢献すべく、バリューチェーンの一員として使用済みプラスチックの再資源化に取り組む方針だ。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)