銘柄名<コード>15日終値⇒前日比

栄研化学<4549> 2187 +111

野村證券は投資判断を格上げ。



クリーマ<4017> 4445 +270

前期大幅増益に続く今期40%営業増益を好感。



ラクト・ジャパン<3139> 2942 +260

第1四半期は減収ながらも増益確保を評価。



INPEX<1605> 754 +24

米エネルギー情報局(EIA)による

需要拡大見通しを背景とした原油価格の上昇が刺激。



日本電子<6951> 5870 +680

14日に続きゴールドマン・サックス証券の買い推奨を材料視。



RPAホールディングス<6572> 768 +99

今期の大幅増益見通しであらためて成長期待高まる。



ベイカレント・コンサルティング<6532> 28360 +3350

想定以上の好決算や株主還元の充実を評価。



紀文食品<2933> 1567 +189

値動きの軽い直近上場銘柄として短期資金の値幅取りか。



メディカルシステムネットワーク<4350> 929 +75

特に材料ないが好ファンダメンタルズ評価での上値い追いが続く。



プレナス<9945> 1946 +102

今期の収益急拡大見通しがポジティブインパクトに。



サイゼリヤ<7581> 2366 +137

最終損益上方修正で一転黒字に。



コメダHD<3543> 2083 +121

今期の大幅増益・増配見通しを好感。



TSI HD<3608> 369 +20

今期黒字転換見通しを評価続く。



ダイセキ環境ソリューション<1712> 1052 +63

環境関連の周辺株として物色が向かう。



ロック・フィールド<2910> 1728 +92

通期業績上方修正で大幅増益見通しに。



黒谷<3168> 956 +55

好業績を評価の流れが続く形に。



Gunosy<6047> 893 +59

第3四半期営業利益は通期計画を超過へ。



コジマ<7513> 911 +65

好業績評価での買い戻しが優勢に。



インプレスホールディングス<9479> 266 +6

3月高値水準奪回に向けた動きが強まる。



セブン&アイ・ホールディングス<3382> 4675 +240

特に材料も見当たらず機関投資家のリバランスの動きなどか。



船井電機<6839> 929 +11

TOB価格上回る推移だが特に材料は観測されず。



日本郵船<9101> 3940 +165

景気敏感株買いの流れで海運株には押し目買いも。



住友金属鉱山<5713> 4809 +184

EV用電池原料確保へ55社連携などと伝わる。



ベクトル<6058> 1021 -214

今期大幅増益見通しもコンセンサス下振れ。



テラスカイ<3915> 2873 -527

今期の大幅減益見通しをネガティブ視。



北の達人<2930> 548 -81

今期の実質減益見通しをネガティブ視へ。



TOKYO BASE<3415> 683 -73

今期ガイダンスは市場の期待値にまでは届かずか。



クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387> 743 -70

今期業績回復見通しも引き続き前期業績下振れをマイナス視。