日本電子<6951>は大幅反発。クレディ・スイス証券では投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に格上げ、目標株価も4725円から7370円にまで引き上げている。足元ではマルチビームの受注拡大期待が再燃して株価が上昇しているが、22年3月期は前期比64%増益の高成長、インテルの23年自社生産拡大によるマルチビーム受注水準堅持などを想定、他の銘柄で来期受注減速を見込む中、業績のボトムアウトを予想としている。