商船三井<9104>は大幅反発。野村證券では投資判断「バイ」を継続で、目標株価を5400円から6300円に引き上げている。ドライバルク船、自動車船の利益回復に加えて、コンテナ船の運賃が高水準を維持することで、22年3月期経常利益は前期比47%の増益になると予想。また、23年3月期から配当性向30%程度を前提にするとしている。野村證券では他の海運大手の目標株価も引き上げており、本日は海運セクターが業種別上昇率トップになっている。