■CSR



仮想デスクトップは、ローカル端末(物理デスクトップ=ファットクライアント)内にOSやアプリケーションを置かず、これらをサーバー上で一元化し、リモートから操作できることが特徴である。ローカル端末にはデータが存在せず、データセンターやサーバールームで一元管理されるため、社会的な課題となっている情報漏洩や盗難事故などの「情報セキュリティ問題」のほか、災害発生時におけるデータ消失などの「事業継続問題」、在宅勤務や人材雇用を促進する「働き方改革」の問題を解決できるテクノロジーである。また、「Resalio Lynx (レサリオリンクス)」は、既存のパソコンをシンクライアント化するソリューションであり、既存のパソコンを廃棄せずシンクライアント化して再利用できる。つまり、リサイクルパソコンでも対応が十分なため、アセンテック<3565>製品は環境資源の観点からも重要な役割を担うことになる。





■株主還元策



2022年1月期は、前期並みの期末配当3.50円を計画

2022年1月期の配当については、前期と同額の期末配当3.50円を計画している。同社では経営成績に合わせた利益配分を基本方針としており、今後の配当性向については20%を目指す計画である。足元での業績好調を考慮すると、増額修正への期待が高まりやすいだろう。



(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)