銘柄名<コード>28日終値⇒前日比

ミクシィ<2121> 2825 +121

スポーツベッティング合法化への思惑などを材料視。



さくらインターネット<3778> 684 -102

今期大幅減益見通しがネガティブインパクトに。



アンリツ<6754> 2207 -179

今期業績見通しや中期計画数値をマイナス視も。



トクヤマ<4043> 2560 -234

今期の2ケタ減益見通しをネガティブ視。



メタウォーター<9551> 2061 -162

今期の減益見通しを嫌気。



モバイルファクトリー<3912> 1450 -145

短期的な買い戻しの動きにも一巡感か。



京セラ<6971> 6772 -393

今期の業績見通しはコスト増により市場予想を下振れ。



フタバ産業<7241> 519 -27

今期業績見通しは期待値を下振れか。



紀文食品<2933> 1625 -86

短期資金の手仕舞い売りが続く形にも。



テスホールディングス<5074> 1936 -126

27日に新規上場、短期資金の利食い売りが優勢に。



東海旅客鉄道<9022> 15445 -715

今期業績見通しはコンセンサスを下振れへ。



日本郵船<9101> 4065 -110

28日は一転して海運セクターが業種別下落率トップに。



グレイステクノロジー<6541> 2690 -124

特に売り材料観測されないが信用買い残など高水準で。



野村ホールディングス<8604> 591.9 +9.0

米国での損失計上発表もあく抜け感に。



レーザーテック<6920> 19570 +410

半導体関連銘柄で好決算相次ぎプラス材料に。



ファナック<6954> 25930 +515

足元の受注好調や自社株買いなど評価材料。



東京ボード工業<7815> 661 +100

ホクシンの株価急伸続き連想買い。



セキド<9878> 1795 +152

スピード調整一巡感で押し目買いが優勢か。



ウェルス・マネジメント<3772> 1273 +107

京都東山ホテル開発プロジェクトで不動産信託受益権を譲渡。



アドテックプラズマテクノロジー<6668> 1756 +134

東海東京証券では新規に買い推奨。



セプテーニ・ホールディングス<4293> 468 -23

21年9月期予想を上方修正、従来未定としていた配当は前期比1.4円増の3.4円に。



ゼネテック<4492> 1837 +50

21年3月期の営業利益予想を1.80億円から2.54億円に引き上げ、配当も5円増。



鉱研工業<6297> 526 -44

22年3月期の営業利益は大幅増益見込む。

日立建機の動向への対応として「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施へ。



自律制御システム研究所<6232> 2625 -65

閉鎖環境点検ドローンを本格展開すべくNJSと合弁会社を設立。



HPCシステムズ<6597> 3115 +25

AI専用半導体メーカーGraphcoreと代理店契約を締結と発表。



不二硝子<5212> 2256 +286

連日短期資金の関心強い。



ブロードマインド<7343> 1193 +175

Alpaca Japanと業務提携契約を締結。新サービスへの期待感で。



メドレー<4480> 4560 -220

NTTドコモとの資本業務提携発表で27日に買われた反動がやや優勢。



ベルグアース<1383> 2478 -368

権利落ちの影響。



シンバイオ製薬<4582> 1290 +16

再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたトレアキシン液剤

「RTD製剤」とリツキシマブ併用療法に関する承認取得について公表。