銘柄名<コード>10日終値⇒前日比
ディー・エヌ・エー<2432> 2100 -235
今期は営業減益見通しを示す。

エイチーム<3662> 1632 -186
『Apex Legends』の配信時期など伝わってはいるが。

シュッピン<3179> 1122 -62
今期2ケタ増益見通しだが出尽くし感優勢に。

ブラザー工業<6448> 2168 -185
今期の減益ガイダンスをネガティブ視へ。

クックパッド<2193> 282 -19
第1四半期の営業赤字をネガティブ視。

木村化工機<6378> 771 -58
決算発表前の高値圏で利食い売りが優勢に。

インフォマート<2492> 900 -64
第1四半期減益決算マイナス視の動き継続か。

日本ライフライン<7575> 1489 -110
先週末発表の決算が利食い売りの契機につながる形へ。

FOOD & LIFE COMPANIES<3563> 4725 -175
横浜のスシローでノロウイルス検出と伝わる。

オープンハウス<3288> 4540 -165
上半期業績上方修正だが短期的な出尽くし感に。

ファーストリテイリング<9983> 87660 -4450
4月既存店は大幅増収も想定線と捉えられる。

日本製鉄<5401> 2281 +114
今期大幅増益見通しへのインパクトが続く。

ENEOSホールディングス<5020> 507.5 +17.3
米石油パイプライン停止で原油先物価格が上昇。

オーナンバ<5816> 617 +100
第1四半期好決算で通期予想を上方修正。

アートスパークホールディングス<3663> 3180 +398
第1四半期大幅増益決算がインパクトに。

Jトラスト<8508> 320 +42
先週末から急動意も目立った材料は見当たらず。

チヨダウーテ<5387> 460 +10
21年3月期予想を上方修正、営業利益は0.30億円から4.35億円に引き上げ。

シンポ<5903> 1319 +104
21年6月期予想を上方修正した他、配当も増額。創業50周年記念株主優待も実施。

デイトナ<7228> 3085+503
21年12月期予想を上方修正、営業利益は11.22億円から14.39億円に引き上げ。

札幌臨床検査センター<9776> 1698 +160
21年3月期予想を上方修正、営業利益は6.20億円から11.42億円に。配当も増額。

イルグルム<3690> 1278 -65
上期の営業利益は前年同期の約2.5倍となる1.78億円で着地。

JIG−SAW<3914> 11050 -3000
第1四半期の経常利益は前年同期比37.6%減の1.02億円に。

AIinside<4488> 17700 +1620
短期的な自律反発の動き。

アンジェス<4563> 951 +33
変異株ワクチン開発に着手との一部報道を受けて。

GMOメディア<6180> 2065 +95
業績評価の流れが続く。

研創<7939> 430 +32
22年3月期の営業利益予想は前期比36.7%増の2.73億