銘柄名<コード>11日終値⇒前日比

インソース<6200> 2261 -195

好決算評価の動きにも一巡感。



ユナイテッドアローズ<7606> 1851 -164

今期営業黒字転換見通しだが市場予想は下振れ。



パナソニック<6752> 1215.5 -75.0

決算数値にはインパクト限定的も地合い悪化に押される。



GMOペイメントゲートウェイ<3769> 12370 -980

3月安値水準割り込んで手仕舞い売り優勢。



RPAホールディングス<6572> 715 -50

マザーズ大幅下落などで個人投資家のマインド悪化。



日本製鋼所<5631> 2576 -211

今期業績見通しは市場予想を下振れ。



TDK<6762> 13990 -830

岩井コスモ証券では投資判断を格下げ。



ソフトバンクグループ<9984> 9508 -662

米ナスダックの大幅安に連れ安へ。



富士石油<5017> 231 -14

今期の大幅減益見通しをマイナス視へ。



東エレク<8035> 48000 -2060

米SOX指数の下落などで半導体関連が安い。



日本製鉄<5401> 2311 +30

引き続き想定以上の収益拡大見通しを評価材料視。



住友鉱<5713> 5141 -142

今期業績見通しはコンセンサスを下振れ。



オーナンバ<5816> 673 +56

引き続き業績上方修正を買い材料視する展開に。



ヴィスコ・テクノロジーズ<6698> 1078 -143

今期の増益率鈍化見通しをネガティブ視。



ミズホメディー<4595> 2881 -269

上方修正後の出尽くし感が続く形に。



ミサワホーム中国<1728> 320 +46

ミサワホームがTOB(1株320円、5月11日から6月21日まで)を実施し

完全子会社化へ。



日本リビング保証<7320> 2240 +180

21年6月期の営業利益を従来予想の3.10億円から5.50億円に上方修正。



メイコー<6787> 2775 +324

22年3月期の営業利益予想は42.7%増、年間配当40円に増配へ。



芝浦電子<6957> 4250 +580

22年3月期の営業利益は前期比30.7%増の41億円、配当予想は25円増の100円へ。



ワークマン<7564> 7790 +260

22年3月期も堅調な成長見通し、前期配当は従来予想から14円増の64円に。



コスモ・バイオ<3386> 1248 +41

第1四半期の営業利益は前年同期比58%増の5.49億円、上期計画を超過。



ソフトマックス<3671> 1257 +80

第1四半期の営業利益は前年同期の約2.6倍となる2.90億円、上期計画を超過。



テクノホライゾン<6629> 1492 +300

22年3月期の営業利益は前期比23.9%増の30億円を計画。



ZUU<4387> 2091 -209

21年3月期予想を修正、最終損益は3億円の赤字に。



JIG−SAW<3914> 10010 -1040

決算発表後は売りの流れが続く。