銘柄名<コード>12日終値⇒前日比

トヨタ<7203> 8523 +182

22年3月期は2ケタ増収増益で自社株買いも発表。



オカムラ<7994> 1327 -24

22年3月期は増収増益も「行って来い」で結局下落。



クラレ<3405> 1203 -41

上半期業績予想の上方修正で下げ幅を縮める動き。



ENEOSホールディングス<5020> 472.8 -26.8

22年3月期は増益も市場予想を大きく下回る。



セレス<3696> 4355 +700

第1四半期は想定以上の大幅増益決算に。



ジェイリース<7187> 973 +150

連続大幅増益見通しや増配計画を高評価。



エイジア<2352> 2125 +281

今期の大幅増益・増配計画を評価の動き。



I‐PEX<6640> 2275 +245

通期業績予想を大幅上方修正。



極東貿易<8093> 1900 +193

引き続き今期の配当水準を材料視する動き。



ホクシン<7897> 216 +6

11日は決算受けて下落も押し目買い優勢に。



KHネオケム<4189> 3005 +318

第1四半期好決算で通期予想を上方修正。



三洋貿易<3176> 1236 +127

業績上方修正、配当予想の引き上げを好感。



オークネット<3964> 1436 +149

今12月期業績・配当予想を上方修正。



トプコン<7732> 1694 +133

想定以上の業績推移を高評価へ。



石原産業<4028> 1031 +108

想定以上の好決算を評価。



東ソー<4042> 2062 +87

11日発表の決算内容を見直す動きに。



シャープ<6753> 1853 +112

前期実績・今期見通しともに市場予想を上振れ。



日本ケミコン<6997> 2088 +11

引き続き好決算評価の動き優勢に。



エー・アンド・デイ<7745> 1030 -268

今期の営業減益見通しが弱材料視される。



三井E&Sホールディングス<7003> 506 -83

今期黒字転換見通しも市場の期待は下振れ。



あすか製薬ホールディングス<4886> 1170 -206

今期業績見通しがマイナス材料視される。



大平洋金属<5541> 2104 -373

今期経常益は大幅減益見通しに。



新日本電工<5563> 332 -58

今期業績見通しは市場コンセンサスを大きく下振れ。



システナ<2317> 1863 -322

前期業績はコンセンサス下振れ着地に。



アルフレッサホールディングス<2784> 1736 -279

MSCI構成銘柄の除外が売り材料視される。