凸版印<7911>は大幅反発。野村證券では投資判断「バイ」継続で、目標株価を2810円から3390円にまで引き上げている。業績予想を上方修正しているほか、保有する金融資産の価値なども反映しているもよう。22年3月期営業利益は506億円から553億円に、23年3月期は526億円から608億円に上方修正。地方自治体業務のデジタル化案件などが増えるBPOをはじめ、幅広い事業での収益改善が進むとみているようだ。