レアジョブ<6096>は24日、同日開催の取締役会において、配当方針の変更及び2022年3月期の1株当たり配当予想の修正(増配)について決議したと発表した。



同社は、東京証券取引所市場第一部企業への安定的かつ継続的な増配への期待値の高さと、利益配分の方針を早期に明確化すべきとの判断から配当方針を変更。



同社は、株主に対する利益還元を重要な経営上の施策の一つとして認識し、一方で、将来の成長投資に必要となる内部留保の充実と、財務基盤の確立、株主への利益還元を総合的に勘案することも重要と考えている。同社の資本コストを上回る投資案件がある場合は、戦略的投資を実行、持続的な売上高及び利益成長を実現することと、それを可能とする健全な財務基盤の確立を優先することを目指す。

中長期的に20%程度の連結配当性向を目標としつつ、当面の間は株主に対し、安定的かつ継続的な増配を実現する形で剰余金の配当を行うことを基本方針とする。



変更時期については、2022年3月期期末配当から適用する。



また、今回の配当方針の変更を踏まえ、2022年3月期期末の一株当たり配当金を、前回予想の0円から11円に修正した。