■要約



1. 事業間で成長を促しシナジーを創出するビジネスモデル

USEN-NEXT HOLDINGS<9418>は、飲食・小売といった業務店やホテル・病院・オフィスなど各種施設へ向け、音楽配信を中心に店舗や施設の運営に必要な各種機器・サービスを提供している。個人向けには、定額制コンテンツ配信サービス「U-NEXT」を提供している。2017年12月に(株)USENと(株)U-NEXTが再統合したが、目的は、キャッシュカウな音楽配信事業から定額制コンテンツ配信サービスや店舗運営ソリューションなど成長余地の大きい事業へ資金を還流し、各事業の成長を促すことにある。また、顧客基盤、音楽・動画コンテンツ、IoT機器などグループ各社の持つ強みや各社の販売チャネルを緊密に連携し、各社の主力商品をクロスセルすることでグループシナジーを創出し、1顧客当たりの売上を最大化することも大きな目的となっている。



2. 幅広い事業に対しきめ細かくサポートする体制を構築

同社は5つの事業を展開している。店舗サービス事業では、業務店や商業施設などに向けた音楽配信や音楽著作権管理を行っているほか、IoT商材や周辺サービスなど店舗経営に関わるあらゆるソリューションサービスを提供している。通信事業では、法人向けICTや業務店向け自社光回線の販売・サービスなどを行っている。業務用システム事業では、ホテルや病院などに業務管理システムや自動精算機などを販売している。コンテンツ配信事業では、個人向けに動画や電子書籍などのデジタルコンテンツを配信している。エネルギー事業では、店舗サービス事業のフック商材として電力・ガスの販売を行っている。このように事業ドメインの広さにもかかわらず、シナジーを発揮し、状況変化や新規ニーズにきめ細かく対応するサポート体制を構築している。



3. 2021年8月期第2四半期は好調事業が利益をけん引

2021年8月期第2四半期の業績は、売上高101,207百万円(前年同期比6.2%増)、営業利益8,021百万円(同35.0%増)となった。新型コロナウイルス感染症の拡大(以下、コロナ禍)においても、同社はプラットフォーマーとしてのポジショニングとシナジーを生かし、音楽配信サービスを主軸にコロナ禍にマッチしたサービスをタイムリーに提供した。このため店舗サービス事業は、コロナ禍の影響を強く受けた飲食店など業務店の拠り所となった。また、オフィス環境や施設運営の改善支援にも取り組み、リモートワークや「非対面・非接触」などニューノーマルへの適応をサポートした。個人向けでは、巣ごもり需要などを背景に動画配信の市場拡大に弾みがつくなか、コンテンツ配信事業が成長ドライバーとして大きく開花した。コロナ禍で事業間の好不調はあったが、好調事業が利益を大きく押し上げる形となった。



4. 今期営業利益は、中期経営計画の最終目標を早くも超える見通し

同社は2021年8月期の業績見通しを、売上高204,000百万円(前期比5.6%増)、営業利益15,500百万円(同42.4%増)と見込んでいる。2021年4月に、期初予想から売上高2,000百万円増、営業利益4,500百万円増とする上方修正を発表した。当第2四半期業績の好調に加え、店舗サービス事業とコンテンツ配信事業の好調継続、業務システム事業などの回復が見込まれるためとしている。これにより通期の営業利益見通しは、中期経営計画の2024年8月期最終目標営業利益を3年前倒して超える見込みとなった。2022年8月期以降も、店舗サービス事業や業務システム事業などの利益押し上げが期待される。なかでもコンテンツ配信事業は、市場が巨大で動画視聴のDX化が急速に進んでいることもあり、想像を超えるスピードで成長する可能性があると弊社では考える。早ければ今秋に発表される見通しの次期中期経営計画の内容に注目したい。



■Key Points

・コロナ禍を機に店舗サービスの強さとコンテンツ配信の成長性を確認

・2021年8月期営業利益は大幅上方修正、中期経営計画の最終目標を超過する見通し

・利益成長期入りしたコンテンツ配信など次期中期経営計画の内容に期待



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)