■株主還元策



クイック<4318>は、株主に対する利益還元を重要な経営課題と位置付け、持続的な成長と企業価値の向上に努めている。剰余金の配当については、財務体質の強化や今後の事業展開等を考慮したうえで、親会社株主に帰属する当期純利益の40%を配当性向の目途とし、利益還元の充実と株主価値の向上を図る方針である。2021年3月期は、これに加えて創業40周年記念配当を実施した結果、年間配当金は1株当たり44円(第2四半期末18円(普通配当12円、記念配当6円)、期末26円(普通配当20円、記念配当6円):配当性向56.6%)となった。また、2022年3月期の年間配当金については、1株当たり40円(第2四半期末20円、期末20円:配当性向44.2%)を予定している。







■情報セキュリティ



人材サービス事業においては、労働者保護の観点から転職希望者や派遣登録者等の個人情報の管理について必要な対策を講じることが義務付けられており、情報漏洩等については罰則規定も設けられている。また、保育施設においては数多くの児童及びその保護者の氏名や住所等の個人情報も所持している。同社は、これら転職希望者や派遣登録者、保育施設の利用者等の個人情報について、個人情報保護方針に基づきプライバシーマーク制度を導入するなど、Webサイト及びシステムにおけるセキュリティや事業所における管理体制強化を推進しており、一定の管理体制を構築していると言える。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)