■株主還元



三和ホールディングス<5929>は株主還元を配当によることを基本としている。その実施に当たっては、企業体質の改善、経営基盤の強化を図りつつ、企業価値増大に向けた経営をさらに推進するために安定した配当性向を維持し、連結業績に連動した利益配分を行うことを基本方針としている。具体的な基準としては、親会社株主に帰属する当期純利益に対する配当性向35%を目安としている。



2021年3月期は減収減益決算であったが、前期と同額の34円の配当(中間配当17円、期末配当17円)を維持し、配当性向は35.3%となった。2022年3月期については、前期並みの配当34円(中間配当17円、期末配当17円)を維持する計画で、配当性向は34.8%になる見通しだ。また、同社はこれまでも度々自社株取得を実施しており、2022年3月期も必要な戦略投資を行い、また手元資金を考慮しつつ自社株取得を検討する。こうした株主還元は、同社グループの株主重視の経営姿勢を示すものと言えるだろう。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)