■三機工業<1961>の業績動向



2. 財務状況

2021年3月期末の財務状況は、流動資産は116,054百万円(前期末比14,710百万円減)となったが、これは主に現金預金の減少8,859百万円、受取手形・完成工事未収入金等の減少6,141百万円などによる。固定資産は55,258百万円(同5,218百万円増)となったが、主に投資その他資産の増加4,945百万円による。この結果、当期末の総資産は171,313百万円(同9,492百万円減)となった。



流動負債は67,882百万円(前期末比11,822百万円減)となったが、これは主に支払手形の減少3,100百万円、工事未払金の減少6,925百万円などによる。固定負債は11,731百万円(同2,004百万円減)となったが、これは主に長期借入金の減少390百万円、退職給付に係る負債の減少1,755百万円などによる。この結果、当期末の負債合計は79,614百万円(同13,826百万円減)となった。純資産合計は91,699百万円(同4,334百万円増)となったが、これは主に配当金支払いによる利益剰余金の減少997百万円、消却による自己株式の減少328百万円、その他有価証券評価差額金の増加3,579百万円などによる。



現金預金及び買掛債務が前期比で大きく減少しているが、この主要因は協力会社(資本金4,000万円未満)への支払条件をすべて現金払いに変更したことによる。



3. キャッシュ・フローの状況

2021年3月期の営業活動によるキャッシュ・フローは483百万円の支出となったが、主な収入は税金等調整前当期純利益の計上7,797百万円、減価償却費1,700百万円、売上債権の減少4,770百万円などで、主な支出は仕入債務の減少10,777百万円、貸倒引当金の減少1,525百万円、退職給付に係る負債の減少1,594百万円(信託資産への拠出)、その他の流動負債の減少1,706百万円などであった。投資活動によるキャッシュ・フローは1,423百万円の支出であったが、これは主に有形固定資産の取得による支出1,494百万円などによる。財務活動によるキャッシュ・フローは6,974百万円の支出であったが、主な支出は、自己株式の取得による支出1,171百万円、配当金の支払額5,474百万円などであった。



この結果、2021年3月期の現金及び現金同等物は8,859百万円減少し、当期末残高は37,087百万円となった。



なお前期に比べて、営業キャッシュ・フローが大幅に減少(11,940百万円の収入から483百万円の支出)したが、主要因は、協力会社(資本金4,000万円未満)への支払条件をすべて現金払いに変更したことによる。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)